管理図と品質ツールのその他のデフォルト設定を指定

ファイル > オプション > 管理図と品質ツール > その他

管理図と品質ツールのその他のデフォルトを設定します。デフォルトに加えた変更は、Minitabを終了しても、再度変更するまで維持されます。
データの最後の行が原因で任意の点の新しい検定が失敗した場合
  • 管理図のカラーを変更する: データの最終行が検定の失敗の原因となったときまたは制御不能になっているとき、管理図の背景色を変更します。
    • : 管理図の背景色の変更後の色を指定します。
チャートの結果を出力タブに表示する

管理図の検定結果を表に表示します。

可能な場合Box-Cox変換の四捨五入した値を使う
Box-Coxプロット上でのBox-Cox変換で、四捨五入したラムダ(λ)を表示します。Minitabでは、一般的に使用されるλ値の0.5または-0.5の、最も近い整数まで、λ値を四捨五入します。

λの信頼区間に四捨五入された値が含まれていない場合、このオプションを選択しても、Minitabでは四捨五入された値が使用されません。

すべてのステージの管理限界/中心線のラベルを表示する
管理図にステージが含まれる場合、各ステージの管理限界および中心線のラベルが表示されます。
T管理図のデフォルトの分布を指定
T管理図の計算がワイブル分布と指数分布のどちらに基づくかを指定します。指数分布は形状が1のワイブル分布と同等です。指数分布を選択すると、分布の形状パラメータが1に設定されます。
Wallis プロシージャを使用して最大標準偏差を計算します (標準偏差が不明な場合のみ二重スペック制限の場合)
このオプションを選択すると、Wallisによって提案された近似手順を使用して最大標準偏差が計算されます。Wallisの手順の詳細については、 変数の抜取検査方法と式に進み、 サンプルサイズと限界距離を選択し、「二重規格限界と未知の標準偏差 (Wallis手順)」セクションまでスクロールします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください