交差ゲージR&R分析の統計量の保存

統計 > 品質ツール > ゲージ分析 > ゲージR&R (交差) > 保存

分析によって得られる統計量は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

保存できる統計量は分析に選択したオプションによって異なります。これらの統計量の詳細は、交差ゲージR&R分析のすべての統計量およびグラフを参照してください。

分散成分と寄与度

分散成分と寄与度
これらの値は列「VarComp1」および「VarComp2」に保存されます。
分散成分に対する信頼区間
信頼区間の値は列「IVarComp1」および「IVarComp2」に保存されます。
寄与度に対する信頼区間
信頼区間の値は列「IPVarComp1」および「IPVarComp2」に保存されます。

標準偏差

標準偏差
これらの値は列「StdDev1」に保存されます。
標準偏差に対する信頼区間
信頼区間の値は列「SIStdDev1」および「SIStdDev2」に保存されます。

%公差

%公差
これらの値は列「Tolerance1」に保存されます。
%公差に対する信頼区間
信頼区間の値は列「ITolerance1」および「ITolerance2」に保存されます。

基準変動と%基準変動

基準変動と%基準変動
これらの値は列「StudyVar1」および「StudyVar2」に保存されます。
基準変動に対する信頼区間
信頼区間の値は列「IStudyVar1」および「IStudyVar2」に保存されます。
%基準変動に対する信頼区間
信頼区間の値は列「IPStudyVar1」および「IPStudyVar2」に保存されます。

%工程変動

%工程変動
これらの値は列「Process1」に保存されます。
%工程変動に対する信頼区間
信頼区間の値は列「IProcess1」および「IProcess2」に保存されます。

知覚区分数

知覚区分数
これらの値は列「Distinct1」に保存されます。
知覚区分数に対する信頼区間
信頼区間の値は列「IDistinct1」および「IDistinct2」に保存されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください