移動平均管理図の概要

移動平均管理図は、工程平均における小さなずれを特定したい場合に、非加重移動平均を監視するために使用します。個々の測定値またはサブグループの平均値のどちらかを観測値として使用できます。この管理図を使用して、時間の経過に伴う工程の安定性を監視することで、工程における不安定性を特定、是正することができます。

あるプラスチックパイプのメーカーががパイプの直径の小さなずれを監視したいと考えているとします。メーカーは毎時間3本のパイプのサブグループを35時間にわたって収集します。

各点は、中心線の周囲にランダムに広がっており、管理限界の範囲内にあります。トレンドまたはパターンは見られません。プラスチックパイプの直径は、35個のサブグループにおいて安定しています。

この管理図の場所

移動平均管理図を作成するには、統計 > 管理図 > 時間重み付き管理図 > 移動平均を選択します。

代替管理図を使用する場合

  • EWMA管理図は観測値に重み付けし、EWMA管理図にプロットされた各点は以前のすべての観測値を考慮するため、一般に移動平均管理図よりも多く使用されます。
  • 工程での小さなずれを検出しない場合は、サブグループでXbar-R管理図などの変数管理図を使用するか、I-MR管理図などの個々の場合の変数管理図を使用します。

  • データが不良または欠陥の度数である場合は、P管理図U管理図などの計数管理図を使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください