T²-一般化分散管理図の概要

2つ以上の関連する変数の工程位置と工程変動が正常に管理されているかどうかを同時に評価するためにT²-一般化分散管理図を使用します。この管理図、Xbar-R管理図、Xbar-S管理図、I-MR管理図に対応する多変量管理図です。

たとえば、技師は、プラスティック射出成形工程での温度と圧力を監視するのに、T2一般化変動管理図を使用します。温度と圧力の両方がプラスチックの強度に影響を与えるので、技師は、これらの変数を同時に監視したいと考えます。

各点は、中心線の周囲にランダムに広がっており、両方の管理図の上側管理限界の下にあります。トレンドまたはパターンは見られません。プラスチック製品の強度の工程位置と工程分散は安定しています。

この管理図の場所

T2一般化分散管理図を作成するには、統計 > 管理図 > 多変量管理図 > T<sup>2</sup>一般化分散を選択します。

代替管理図を使用する場合

変数が相関していない場合は、Xbar-R管理図Xbar-S管理図I-MR管理図を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください