変数抜取検査(ロットの合格・不合格)のデータを入力する

測定データと規格に基づいてロット全体を合格または不合格にするかを判断するには、次のステップを実行します。
  1. 測定データに、測定データが含まれる列を入力します。
  2. 限界距離 (k値)に、Minitabがサンプルロットの合格/不合格を決めるためにサンプル平均および規格限界と比較する値を入力します。 Minitabでは、変数抜取検査計画を作成した場合にこの値が計算されます。
  3. 下側規格に、下側規格限界を入力します。 少なくとも1つの規格限界を入力する必要があります。
  4. 上側規格に、上側規格限界を入力します。 少なくとも1つの規格限界を入力する必要があります。
  5. オプション: 標準偏差の経験値に、既知の工程標準偏差を入力します。 標準偏差の経験値は、長期間にわたって十分なデータを集め、工程の標準偏差を高い信頼度で表せる場合に使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください