行列散布図を使用して、複数の変数ペアの関連性を一度に評価します。行列散布図とは、散布図の配列です。

データに関する考慮事項、例、および解釈については、 行列散布図の概要を参照してください。

連続変数

同じ行数の数値データの列を入力します。Minitabは、変数の組み合わせごとに散布図を表示します。

このワークシートでは、利益率売上高年数 はグラフ変数です。グラフは、グラフ変数の可能な各組み合わせ間の関係を示します。

C1 C2 C3
収益率 セールス 月日
15.4 50400200 18
11.3 42100650 15
9.9 39440420 12
... ... ...

レイアウト

デフォルトでは、プロットの行列を作成すると、Minitabでは行列の左下部分と右上部分の両方が表示されます。2 つの部分には、軸が逆の同じデータが表示されます。たとえば、行列の左下の x 軸に表示される変数は、右上の部分の y 軸に表示されます。

完全なマトリックス
左下
最初の値

グループ変数

グループを定義する変数を入力します。グループは、異なる色と記号で表されます。たとえば、次の行列プロットは、 売上高 変数 利益率、および 年数の可能な各組み合わせ間の関係を3つのグループに分けて示しています。

変数

デフォルトでは、Minitabでは、行列プロットの対角線に沿って軸ラベルが表示されます。マトリックスの境界線に沿って軸ラベルを表示する場合に選択 します。
対角

尺度

複数のグラフで同じスケールを使用します。

同じYスケール
すべてのグラフで同じYスケールを使用します。
同じXスケール
すべてのグラフで同じXスケールを使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください