TreeNet® 回帰適合モデルおよび主要な予測変数を検出の統計量を保存する

以下の分析で、利用可能な保存は同じです。

予測分析モジュール > TreeNet®回帰 > 適合モデル > 保存

予測分析モジュール > TreeNet®回帰 > 主要な予測変数を検出 > 保存

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

分析の統計量をワークシートに保存して、他の分析、グラフ、およびマクロで使用できるようにします。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

これらの統計量の詳細については、すべての統計量とグラフを参照してください。

予測用のモデルオブジェクト
モデルオブジェクトを保存して、モデル結果を使用する分析を使用します。モデル結果を使用する分析を次の一覧に示します。代替モデルを選択より良いモデルを識別するためにハイパーパラメーターを調整するプロットする予測変数をさらに多く選択するおよび予測
適合値
適合値は適合値列に保存されます。
残差
各レコードの残差は残差列に保存されます。
百分率残差
各レコードのパーセント残差はパーセント残差列に保存されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください