TreeNet® 回帰適合モデルの交互作用を指定する

予測分析モジュール > TreeNet®回帰 > 適合モデル > 交互作用

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

TreeNet® 回帰メニューから適合モデルを選択すると、予測変数の交互作用オプションを指定できます。

予測交互作用コントロール
木の増加中に許可する交互作用を選択します。
  • すべての次数の交互作用を許可する: すべての予測変数の交互作用を許可します。
  • 交互作用を許可しない (加法モデル): 予測変数の交互作用を許可しません。この場合、Minitabは追加モデルを使用し、変数を1つだけ使用して各木を構築します。
  • 特定の予測変数の交互作用を順次選択: 指定した順序まで予測変数の交互作用を許可します。[順序]は、木の同じ分岐で分割できる変数の数を指定します。たとえば、2の順序は、変数X1で分割する分岐がX1変数で分割され、その他の変数が1つ分割されることを示します。異なる分岐は、変数の異なるセットで分割できます。したがって、1つの分岐に2つ以上の変数が含まれている場合に限り、2個以上の変数で順序2の交互作用を可能にする木を分割できます。

    予測変数に、交互作用を許容する予測変数が含まれる列を入力します。特定の予測変数を指定しない場合、分析はすべての予測変数間の交互作用を考慮します。

双方向の交互作用の強度テーブルを表示する
最も強い双方向交互作用の平方誤差の合計に対するパーセンテージを表示します。
合計2乗誤差のパーセンテージとしての強度
2つの予測変数の主な影響とその交互作用に対する合計2乗誤差のパーセンテージを表示する場合に選択します。
特定のペアのみによる2乗誤差のパーセンテージとしての強度
選択すると、予測変数ペアの2乗誤差のパーセンテージとペアの交互作用が表示されます。
たとえば、X1とX2を2つの予測変数にします。パーセンテージは、交互作用の2乗誤差をX1*X2交互作用の2乗誤差で割ったもので、X1とX2の主効果を表します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください