TreeNet® 回帰適合モデルおよび主要な予測変数を検出で表示する結果を選択する

以下の分析で、利用可能な結果は同じです。

予測分析モジュール > TreeNet®回帰 > 適合モデル > 結果

予測分析モジュール > TreeNet®回帰 > 主要な予測変数を検出 > 結果

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

分析で表示する必要がある表を選択します。

方法
モデルの検証に関する情報、最適な木の数を選択するための基準、および解析に関するその他の情報を表示します。
応答情報
平均値や標準偏差など、応答変数に関する記述統計量を表示します。
モデル要約
モデルを説明する統計量を表示します。予測変数の数、重要な予測変数、増加した木の数、およびモデルの適合度に関する情報が含まれます。
K%最大残差による誤差統計の百分率、K =
最大残差のトレーニングデータとテストデータの両方に関する誤差の統計量を表示します。
0より大きく100以下で、表示するパーセントを指定できます。デフォルト値のKは20で、最大残差の20%までが表示されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください