TreeNet® 回帰適合モデルおよび主要な予測変数を検出で表示するグラフを選択する

以下の分析で、利用可能なグラフは同じです。

予測分析モジュール > TreeNet®回帰 > 適合モデル > グラフ

予測分析モジュール > TreeNet®回帰 > 主要な予測変数を検出 > グラフ

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

分析で表示するグラフを選択します。

R二乗対木の数プロット
R二乗と木の数プロットは、損失関数が2乗誤差またはヒューバーの場合、R二乗値と勾配ブースト回帰モデルの木の数との関係を示しています。
平均絶対偏差と木の数プロット
平均絶対偏差と木の数プロットは、損失関数が最小絶対偏差の場合の、平均絶対偏差と木の数の関係を示します。
変数の重要度グラフ
変数重要度グラフには、予測変数の相対的な重要度が表示されます。重要な変数のすべてを表示するか、または一部を表示するかを選択できます。変数は、最良の分岐変数として使用される場合に重要とされます。
  • すべての重要な変数を表示する: デフォルトでは、このグラフには重要な変数がすべて表示されます。
  • 重要な変数のパーセンテージを表示する: 表示する重要な変数のパーセントを指定します。0~100の範囲の値を入力します。
  • すべての予測変数を表示する: すべての予測変数を重要変数であるかどうかに関わらず表示します。
適合対実応答値プロット
適合対実際の応答値のプロットは、トレーニングデータセットとテストデータセットの両方に関して、適合値のY(応答変数)値対実際のY(応答変数)値を示します。
残差の箱ひげ図
残差の箱ひげ図には、トレーニングデータセットとテストデータセットの両方に関して、残差値またはパーセント残差が表示されます。
K上位の重要変数に対する1つの予測変数の部分依存プロット、K =
1つの予測変数の部分的な依存プロットは、デフォルトで上位4個の重要な変数に適合します。プロットする重要な変数の数は増減させることができます。結果が得た後、1個の予測プロットの下のプロットする予測変数をさらに多く選択するをクリックすると、より多くの予測変数のプロットが表示されます。
K上位の重要変数に対する2つの予測変数の部分依存プロット、K =
2つの予測変数の部分的な依存プロットは、デフォルトで上位2個の重要な変数に適合を表示します。プロットする重要な変数の数は増減させることができます。結果が得た後、2個の予測プロットの下のプロットする予測変数をさらに多く選択するをクリックすると、より多くの予測変数ペアのプロットが表示されます。
カテゴリ予測変数を持つプロットの場合、Minitabは適合値の散布図をプロットします。連続予測変数の場合は、曲面または等高線プロット、またはその両方を指定できます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください