TreeNet® 回帰適合モデルおよび主要な予測変数を検出のデータを入力する

データ入力は、以下の分析で同じです。

予測分析モジュール > TreeNet®回帰 > 適合モデル

予測分析モジュール > TreeNet®回帰 > 主要な予測変数を検出

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

分析するデータの列を指定するには、次のステップを実行します。

  1. 応答に、連続応答を含む列を入力します。値は数値である必要があります。
  2. 連続予測変数に、応答の変化を説明または予測する可能性がある連続変数を入力します。 連続予測変数は数値を使用する必要があります。
  3. カテゴリ予測変数に、応答の変化を説明または予測する可能性があるカテゴリ変数を入力します。 カテゴリ予測変数には、テキストまたは数値を使用できます。

このワークシートでは、強度は応答変数であり、合成繊維のサンプルの強度測定値を扱います。温度は連続予測変数です。機械配合混合はカテゴリ予測変数です。

予測変数は繊維強度の違いを説明します。ワークシートの最初の行は、繊維の最初のサンプルが40の強度測定値を有し、温度は136で、配合は1、混合を伴う機械Aで製造されたことを示しています。

C1 C2 C3-T C4 C5-T
強度 温度 機械 計算式 混合塗料
40 136 A 1 はい
53 142 A 2 いいえ
32 119 B 3 いいえ
36 127 A 2 いいえ
42 151 B 1 はい
45 121 B 3 いいえ

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください