TreeNet® 回帰による適合モデルおよび主要な予測変数を検出の応答情報の方法と計算式

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

応答情報テーブルの値は応答変数用であり、検証方法に依存しません。統計には重みが考慮されます。

N

非欠損値の数です。

Nの%

トレーニングデータセットおよびテストデータセット内の観測値の総数の割合。

平均

一連の数字の中心として一般的に使用される測度。平均は平均値とも呼ばれます。これは、すべての観測値の和を(非欠損)観測値数で割ったものです。

標準偏差 (StDev)

データセットに 平均 を持つの場合、サンプルの標準偏差は次のようになります。
用語説明
観測値
観測値の平均
N非欠損観測値の数

最小値

データセットにおける最小の値。

Q1

サンプル観測値の25%が第1四分位数の値以下になります。そのため、第1四分位数は第25百分位数とも呼ばれます。

中央値

サンプル中央値は、データの中央にあります。観測値の少なくとも半分は中央値以下、少なくとも半分は中央値以上になります。

N個の値が含まれるデータセットがあるとします。中央値を計算するには、最初にデータ値を最小から最大の順に並べます。Nが奇数の場合は、サンプル中央値は中央にある値です。Nが偶数の場合は、サンプル中央値は中央の2つの値の平均です。

Q3

サンプル観測値の75%が第3四分位数の値以下になります。そのため、第3四分位数は第75百分位数とも呼ばれます。

最大値

データセットにおける最大の値。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください