TreeNet® 回帰による適合モデルおよび主要な予測変数を検出の上位二元交互作用の強度表

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

相互作用強度表の解釈について説明します。

上位二元交互作用の強度の表は、最も強い相互作用を持つ変数のペアを識別します。交互作用表には、最も強い双方向相互作用の合計二乗誤差の割合および/または二乗誤差の割合が表示されます。合計二乗誤差の割合を使用して、データの変動に対する相互作用の強さを記述します。変数の主効果の強さに対する相互作用の強さを記述するには、特定の変数ペアに対して二乗誤差の割合を使用します。

木に 2つのターミナルノードしか含まれていない場合、交互作用は利用できません。したがって、木あたりの最大ターミナルノード数は3以上でなければなりません。これをオプションサブダイアログで設定できます。

すべての交互作用で合計二乗誤差の割合または二乗誤差の割合が10%未満の場合、交互作用表は表示されません。

解釈

この例では、8つの最強の双方向交互作用は両方の表で同じです。ただし、順序は若干異なります。最初の表では、年収とフロントエンド比率の間の交互作用が最も強い双方向相互作用です。合計二乗誤差の割合は11.71977で、これは合計二乗誤差の11.71977%が年収とフロントエンド比率の主効果と、それらの双方向交互作用によって説明されることを意味します。

年収とフロントエンド比率の間の双方向相互作用が同一の場合、主効果および交互作用効果を持つ予測変数ペアの二乗誤差の割合は19.73464%です。

計算式:19.73464% = 11.08252% = 因子3 / ( 因子1 + 因子2 + 因子3) * 100%
  • 因子1 = 第1の主効果、年収によって説明される二乗誤差
  • 因子2 = 第2の主効果、フロントエンド比率によって説明される二乗誤差
  • 因子3 = 年収とフロントエンド比率の交互作用とそれらの主効果によって説明される二乗誤差

TreeNet® 回帰: 貸付金額 対 年収, 所得率, フロントエンド比率, バックエンド比率, 借主数, 年齢, 共同借主の年齢, ...

上位二元交互作用の強度 合計二乗誤差の割合 予測変数 1 予測変数 2 11.71977 年収 フロントエンド比率 9.26333 郡コード コアベースの統計領域 7.78507 コアベースの統計領域 年収 5.63338 所得率 フロントエンド比率 4.36461 ユニット数 コアベースの統計領域 1.26633 郡コード 共同借主の年齢 1.14108 占有コード 郡コード 1.13207 郡コード 土地収入 強度: 二元交互作用によって説明された合計二乗誤差の割合
二乗誤差の割合 予測変数 1 予測変数 2 25.21549 郡コード コアベースの統計領域 19.73464 年収 フロントエンド比率 15.29069 郡コード 共同借主の年齢 14.88112 占有コード 郡コード 13.80494 所得率 フロントエンド比率 13.39658 郡コード 土地収入 11.60658 ユニット数 コアベースの統計領域 10.95376 コアベースの統計領域 年収 二乗誤差: 各予測変数ペアとメインおよび交互作用効果に固有 強度: ペアの交互作用によって説明された二乗誤差の割合
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください