TreeNet® 分類適合モデルおよび主要な予測変数を検出のクラスの重みを指定する

予測分析モジュール > TreeNet®分類 > 適合モデル > クラスの重み

予測分析モジュール > TreeNet®分類 > 主要な予測変数を検出 > クラスの重み

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

クラスの重みによって、応答変数の各クラスの重みを指定できます。たとえば、あるクラスからの観測値は、異なるクラスからの観測よりも重み付けされることがあります。クラスの重みは事前確率と似ており、より正確なモデルを提供するのに役立ちます。

クラスの重みは、個々のケースの重みとは異なります。同じ分析で両方のタイプの重みを使用できます。個別ケースの重みの詳細は、TreeNet® 分類で 適合モデルおよび主要な予測変数を検出の分析オプションを選択するを参照してください。。

重みなし
Minitabではクラスの重み付けは行いません。
クラス間で等しいサンプルサイズを確保するための重み付け
Minitabでは、クラスの重みがクラスのサンプル周波数に比例するように、クラスのサイズが等しくないもののバランスが自動的に調整されます。
重みの指定
各クラスの重みを入力します。クラスの重みは、モデルの生成方法とモデルのパフォーマンスに影響しますが、クラス数は変更されません。

クラスの重みは> 0である必要があります。デフォルト値は1です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください