TreeNet® 分類適合モデルおよび主要な予測変数を検出で表示する結果を選択する

予測分析モジュール > TreeNet®分類 > 適合モデル > 結果

予測分析モジュール > TreeNet®分類 > 主要な予測変数を検出 > 結果

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

分析で表示する必要がある表を選択します。

方法
モデルの検証に関する情報、最適な木の数を選択するための基準、および解析に関するその他の情報を表示します。
応答情報
応答のクラス情報とカウント情報を表示します。
モデル要約
モデル評価の予測モデルのパフォーマンスを示す統計を表示します。予測変数の数、重要な予測変数、増加した木の数、誤判別率、およびモデルの適合度に関する情報が含まれます。
次の場合、事象クラスを割り当てる
2値応答の場合は、ケースを事象クラスに割り当てる際のしきい値を指定します。
  • 事象確率が指定値を超えています: 事象クラスにケースを割り当てる予測される最低確率を指定します。たとえば、値0.5は、事象の確率が0.5より大きい場合に、事象クラスにケースを割り当てることを意味します。
  • 事象確率がサンプル事象率を超えています: トレーニングデータのサンプル事象率をしきい値として使用して、ケースの予測クラスを割り当てる場合に指定します。サンプル事象率が0.50より大きい場合、このオプションを使用すると、事象が事象として分類される可能性が低くなり、非事象として分類される可能性が高くなります。通常、事象と非事象の誤分類率と、しきい値が0.50の場合とのバランスを取る場合は、このオプションを検討します。
混同行列
分類モデルのパフォーマンス測定値を比較する行列を表示します。
誤分類
クラスの誤分類の詳細を表示します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください