TreeNet® 分類による適合モデルおよび主要な予測変数を検出の上位二元交互作用の強度表

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

相互作用強度表の解釈について説明します。

上位二元交互作用の強度の表は、最も強い相互作用を持つ変数のペアを識別します。交互作用表には、最も強い双方向相互作用の合計二乗誤差の割合および/または二乗誤差の割合が表示されます。合計二乗誤差の割合を使用して、データの変動に対する相互作用の強さを記述します。変数の主効果の強さに対する相互作用の強さを記述するには、特定の変数ペアに対して二乗誤差の割合を使用します。

木に 2つのターミナルノードしか含まれていない場合、交互作用は利用できません。したがって、木あたりの最大ターミナルノード数は3以上でなければなりません。これをオプションサブダイアログで設定できます。

すべての交互作用で合計二乗誤差の割合または二乗誤差の割合が10%未満の場合、交互作用表は表示されません。

解釈

この例では、6つの最強の双方向交互作用は両方の表で同じです。ただし、順序は若干異なります。最初の表では、主要血管とタールの間の交互作用が最も強い双方向相互作用です。合計二乗誤差の割合は6.05581で、これは合計二乗誤差の6.05581%が主要血管とタールの主効果と、それらの双方向交互作用によって説明されることを意味します。

主要血管とタールの間の双方向相互作用が同一の場合、主効果および交互作用効果を持つ予測変数ペアの二乗誤差の割合は11.08252%です。

計算式:11.08252% = 11.08252% = 因子3 / ( 因子1 + 因子2 + 因子3) * 100%
  • 因子1 = 第1の主効果、主要血管によって説明される二乗誤差
  • 因子2 = 第2の主効果、タールによって説明される二乗誤差
  • 因子3 = 主要血管とタールの交互作用とそれらの主効果によって説明される二乗誤差

TreeNet® 分類: 心臓病 対 年齢, レスト血圧, コレステロール, 最大心拍数, オールドピーク, セックス, 胸痛タイプ, 断食血糖, ...

上位二元交互作用の強度 合計二乗誤差の割合 予測変数 1 予測変数 2 6.05581 主要な船舶 タール 6.04284 胸痛タイプ 主要な船舶 4.94873 タール オールドピーク 4.42358 主要な船舶 コレステロール 3.95660 タール 年齢 1.44046 年齢 最大心拍数 強度: 二元交互作用によって説明された合計二乗誤差の割合
二乗誤差の割合 予測変数 1 予測変数 2 11.47879 主要な船舶 コレステロール 11.39675 タール オールドピーク 11.38103 タール 年齢 11.08252 主要な船舶 タール 10.94302 胸痛タイプ 主要な船舶 10.23224 年齢 最大心拍数 二乗誤差: 各予測変数ペアとメインおよび交互作用効果に固有 強度: ペアの交互作用によって説明された二乗誤差の割合
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください