TreeNet® 分類による適合モデルおよび主要な予測変数を検出の事象確率の箱ひげ図

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

事象確率の箱ひげ図を使用して、トレーニングサンプルとテストサンプルの形状、中心傾向、変動性を評価および比較します。

解釈

ポインタを箱ひげ図に乗せると、要約統計量を示すツールチップが表示されます。

たとえば、箱ひげ図は、データの中央値事象確率が0.358であることを示しています。ほとんどの場合、0.1から0.85までの事象確率があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください