Random Forests® 回帰のR-2乗と木のプロット数

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

R二乗対木の数プロットでは、Y軸にR2の値が表示され、X軸にアウトオブバッグデータの木の数が表示されます。R2の値は、モデルが適合しているかどうかを示します。

この分析では、観測値の数は2930です。300個のブートストラップサンプルの各自が、2930個の観測値を選択して置換し、木を作成します。R2値は約90.90%です。

解釈

R2の値が高いほど、モデルが優れていることを示します。収束する線は、木の数が十分であることを示しています。線が収束しない場合は、より多くのツリーがより良い予測結果を得られるか確認するために、より多くのブートストラップサンプル数で分析を再実行します。モデルが不十分と思われる場合は、ノード分岐の予測変数の数や内部ノードを分岐する最小ケース数など、別の設定で分析を再試行することを検討してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください