Random Forests® 回帰の残差の箱ひげ図

このコマンドは、予測分析モジュールで使用できます。モジュールをアクティブにする方法については、ここをクリックしてください

残差の箱ひげ図を使用して、モデルの全体的な正確性を評価します。

箱ひげ図には、実際の値と適合値の差が表示されます。最も近い四分位数から四分位間の1.5倍以上の範囲にある点には、個別の記号がつけられます。

解釈

残差が応答変数のスケールに対して0に近い値となるのが理想的です。この箱ひげ図は、残差の中央値が0に近いが、大きな残差が多く、個別の記号で表されています。

アウトオブバッグ検証に加えてテストセットによる検証を選択すると、アウトオブバッグデータおよびテストセットデータの両方に対して結果が箱ひげ図に表示されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください