の統計量を保存する CART® 回帰

統計 > 予想分析 > CART®回帰 > ストレージ

分析の統計量をワークシートに保存して、他の分析、グラフ、およびマクロで使用できるようにします。選択した統計量は、データの最後の列の後に保存されます。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

これらの統計量の詳細については、すべての統計量とグラフを参照してください。

代替の木を選択するための最適な木より大きい追加のK、K=
ほとんどの場合、結果の木よりも大きいK本の木と、より小さいすべての木が保存されます。結果で、代替木を選択をクリックしてモデル要約統計量を表示し、これらの保存済みの木の結果を生成できます。
Minitabが保存する木の数は、2つの手順の場合で変わります。
  • あり得る最大の木が、結果の木からK本より少ない木である場合、Minitab はK本未満の木を保存します。この状況は、結果の木が最大木であるために木に検証がない場合に、常に発生します。このようなケースは、検証を伴う木でも発生する可能性があります。
  • ノード分岐の基準に応じて、R2値が最も高い木、または最小絶対偏差をもつ木を含めるのに十分な木が、常に保存されます。結果の木が基準に関して最適な木からK本より多い場合、MinitabはK本以上の木を保存します。
適合値
Minitabは、 Fit列に各記録の適合応答値を保存します。
残差
Minitabは、 Resi列に各記録の残差を保存します。
百分率残差
Minitabは、 PResi列に各記録のパーセント残差を保存します。
標準偏差(StDev)
Minitabは、 StDev列に各記録の標準偏差を保存します。
平均平方誤差(MSE)
Minitabは、 MSE列に各記録の平均平方誤差を保存します。
平均絶対偏差(MAD)
Minitabは、 MAD列に各記録の平均絶対偏差を保存します。
平均絶対パーセント誤差(MAPE)
Minitabは、 MAPE列に各記録の平均絶対パーセント誤差を保存します。
ターミナルノードID
Minitabは、 TNodeId列にターミナルノードIDを保存します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください