で表示するグラフを選択する CART® 回帰

統計 > 予想分析 > CART®回帰 > グラフ

分析で表示するグラフを選択します。

プロットの残差
残差プロットの箱ひげ図に表示する残差の種類を指定します。
  • 標準:デフォルトでは、箱ひげ図には通常の残差が表示されます。
  • パーセント:箱ひげ図に残差のパーセントを表示するように指定します。
ツリー図
ツリー図は最適な木を示しています。図を右クリックして、詳細ビューとノード分岐ビューを切り替えることができます。木の詳細ビューには、各ノードの平均、標準偏差、および合計カウント数が含まれます。ノード分岐ビューには、各ノードのデータを分割する変数が表示されます。
ターミナルノード数のプロット
R二乗対ターミナルノード数のプロット
R二乗対ターミナルノード数のプロットは、最小二乗誤差ノード分岐方法を選択した場合の、R二乗値と木の大きさの関係を示します。
平均絶対偏差対ターミナルノード数プロット
平均絶対偏差対ターミナルノード数のプロットは、最小絶対偏差ノード分岐方法を選択した場合の、平均絶対偏差と木の大きさの関係を示します。
変数の重要度グラフ
変数重要度グラフには、予測変数の相対的な重要度が表示されます。重要な変数のすべてを表示するか、または一部を表示するかを選択できます。変数は、最良の分岐変数および代理変数として使用される場合に重要とされます。
  • すべての重要な変数を表示する:デフォルトでは、このグラフには重要な変数がすべて表示されます。
  • 重要な変数のパーセンテージを表示する:表示する重要な変数のパーセントを指定します。0から100までの値を入力します。
  • すべての予測変数を表示する:すべての予測変数を重要変数であるかどうかに関わらず表示します。
適合対実応答値プロット
適合対実際の応答値のプロットは、トレーニングデータセットとテストデータセットの両方に関して、適合値のY(応答変数)値対実際のY(応答変数)値を示します。
残差の箱ひげ図
残差の箱ひげ図には、トレーニングデータセットとテストデータセットの両方に関して、残差値またはパーセント残差が表示されます。
ターミナルノードの順序
次のプロットのターミナルノードの順序を指定できます。平均平方誤差対ターミナルノードのプロット、平均絶対偏差対ターミナルノードのプロット、ターミナルノードごとの応答の箱ひげ図、および残差対ターミナルノードプロット 
平均平方誤差の昇順
最小二乗誤差ノード分岐方法が選択されている場合、ターミナルノードは、平均平方誤差値を低い方から高い方に昇順で並べられます。
平均絶対偏差の昇順
最小絶対偏差ノード分岐方法が選択されている場合、ターミナルノードは、平均平方誤差値を低い方から高い方に昇順で昇順で並べられます。
ソートなし
ターミナルノードは、ツリー図と同じ順序 (1、2、3など) で並べられます。
平均平方誤差または平均絶対偏差対ターミナルノード数のプロット
平均平方誤差対ターミナルノードプロット
平均平方誤差対ターミナルノードのプロットは、最小二乗誤差ノード分岐分法が選択されている場合の各ターミナルノードの平均平方誤差を示します。このグラフは、デフォルトでは、平均平方の平均誤差の昇順で表示されます。
平均絶対偏差対ターミナルノードプロット
平均絶対偏差対ターミナルノードプロットには、最小絶対偏差ノード分岐方法が選択された場合の各ターミナルノードの平均絶対偏差が表示されます。デフォルトでは、このグラフは平均平方誤差の昇順で表示されます。
ターミナルノードでの応答の箱ひげ図
ターミナルノードごとの応答のプロットの箱ひげ図は、各ターミナルノードの応答の箱ひげ図を示します。このグラフには、デフォルトでは、ターミナルノードが平均平方誤差の昇順または平均絶対偏差の順序で表示されます。
残差対ターミナルノードプロット
残差対ターミナルノードのプロットは、各ターミナルノードの残差またはパーセント残差のプロットを示します。このグラフには、デフォルトでは、ターミナルノードが平均平方誤差の昇順または平均絶対偏差の昇順で表示されます。上部のパネルはトレーニングデータセットに関するもので、下部のパネルはテストデータセットに関するものです。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください