における最大の残差による誤差統計量のパーセントの方法と計算式 CART® 回帰

使用する方法または計算式を選択します。

誤差統計量のパーセントの場合、値は計算の最大残差のパーセントに依存します。次式では、計算は残差が絶対値の順であると仮定し、i = 1 が最大の絶対値をもつ残差を表し、i = N は最小絶対値をもつ残差を表す、といったようになります。

K分割交差検証を使用する場合、トレーニングの統計量には、全てのデータセットの最終の木からの適合値が含まれます。テストの統計量では、各分割に関して異なる木をもつことができる検証プロセスの適合値を使用します。

検証にテストデータセットを使用する場合、テストの統計量は、適合値のみをテストデータセットに使用します。

% 平均平方誤差 (MSE)

% 平均絶対偏差 (MAD)

% 平均絶対パーセント誤差 (MAPE)

表記

用語説明
c割合の最大残差数
yi i 番目観測応答値
平均応答
i 番目適合応答
Nレコード数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください