応答情報表には、応答変数に関する記述統計量が含まれています。

解釈

分析でK分割交差検証を使用するか、検証を行わない場合、応答情報表の統計量は木のルートノードと対応します。

分析でテストデータセットを使用して木のパフォーマンスを評価する場合、記述統計量は2つのデータセットに対する別々のものです。テストデータセットの木のパフォーマンスが、トレーニングデータセットのパフォーマンスと異なる場合は、記述統計量を調べて、2つのデータセットの差異を調べることができます。トレーニングデータセットとテストデータセットの体系的な違いは、分析に欠けている情報を示している可能性があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください