周期的な変動や因子間の交互作用などのデータの変動を調査するには、予備ツールとして変動性管理図を使用します。変動図は、因子と応答の関係を示します。各管理図に最大8因子が表示されます。

2つの変動性管理図が使用可能です。
  • 変動成分グラフのある平均応答
  • 標準偏差管理図

この分析の場所

変動図を作成するには、統計 > 品質ツール > 変動グラフを選択します。

他の分析を使用する場合

因子または交互作用の統計的な有意性を検定するには、ANOVA(分散分析)または回帰分析を使用することができます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください