ヒートマップは、異なるグループの影響を表すカラーグラデーションを使用して平均や他の要約統計量を比較するために使用されます。

データに関する考慮事項、例、および解釈については、 ヒートマップの概要を参照してください。

カテゴリ行変数

ヒートマップ上でカテゴリが行として表される列を最大5つ入力します。

カテゴリー列変数

ヒートマップ上でカテゴリが列として表される列を最大5つ入力します。

集計変数(オプション)

ヒートマップ内の長方形のカラーグラデーションを決定する数値またはテキスト列を入力します。複数の列を入力すると、入力した変数ごとに個別のヒートマップが生成されます。

関数

関数から、集計変数の関数を選択します。たとえば、最大を選択した場合、Minitabは各長方形の要約変数の最大値に基づいてヒートマップのカラーグラデーションを定義します。集計変数にテキスト列を入力する場合は、指定した値と等しいパーセント非欠損値の数、または欠損値の数のみ選択できます。

一部のオプションでは、追加の値を入力する必要があります。
百分位数
百分位数を選択する場合は、パーセント値に値を入力する必要があります。値は0~100の範囲で指定します。Minitabでは入力した値を使用して、ヒートマップのカラーグラデーションを定義します。たとえば、50と入力すると、50番目の百分位数が使用され、ヒートマップの各長方形のカラーグラデーションが定義されます。
2 つ値の間のパーセント
2 つ値の間のパーセントを選択する場合は、最初の値および2 番目の値に数値を入力する必要があります。最初の値に入力する値は、2 番目の値に入力した値以下である必要があります。Minitabでは、2つの値の間にある観測値のパーセンテージに基づいて、ヒートマップのカラーグラデーションを定義します。
指定した値と等しいパーセント
指定した値と等しいパーセントを選択する場合は、に1つ以上の値を入力する必要があります。値は、集計変数で入力した列と同じ種類のデータである必要があります。Minitabでは、入力する値に等しい観測値のパーセンテージに基づいて、ヒートマップのカラーグラデーションを定義します。

変数による

1つ以上のグループ化変数を変数によるに入力して、グループ化変数の各レベルに対して個別のヒートマップを作成します。入力する列は数値または文字列で、 カテゴリ行変数およびカテゴリー列変数の列と同じ長さにする必要があります。複数のヒートマップで各変数のyスケールは同じです。
すべての組み合わせを表示

複数の変数によるを入力すると、すべての組み合わせを表示チェックボックスが有効になります。このオプションを選択すると、グループ変数によって作成されたグループの組み合わせごとに、別々のヒートマップが作成されます。このオプションを選択しない場合、グループ変数の各グループごとにプロットが作成されます。

たとえば、最初のグループ変数には、男性と女性の2つのグループがあり、2番目のグループ変数には、雇用と失業者の2つのグループがあります。すべての組み合わせを表示を選択すると、Minitabは男性/雇用者、男性/失業者、女性/雇用者、女性/失業者の組み合わせに対して4つの別々のプロットを作成します。すべての組み合わせを表示を選択しない場合、Minitabは男性、女性、雇用者、失業者に対して4つの別々のプロットを作成します。

グラデーションタイプ

長方形のカラースケールを選択します。
分岐
値が高い長方形は赤色で、値が低い長方形は青色です。選択した関数の中央値ではなく特定の値でグラデーションスケールを中央揃えするには、周囲のグラデーション対称値に値を入力します。
低から高に順次
値が高い長方形は濃い青色で、値が低い長方形は薄い青灰色です。このオプションを使用すると、生産性の高い長方形を強調表示したり、収益を最大化することができます。
高から低に順次
値が低い長方形は濃い青色で、値が高い長方形は薄い青灰色です。このオプションを使用して、欠陥率の低い長方形を強調表示したり、コストを最小限に抑えたりすることができます。

同じグラデーションスケール

集計変数に複数の列を入力する場合、このオプションを選択すると、異なる列に対して作成されたヒートマップごとに同じグラデーションスケールが使用されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください