箱ひげ図は、サンプル分布の形、中心傾向、変動性を評価、比較し、外れ値を探すために使用されます。箱ひげ図は、サンプルサイズが少なくとも20の場合に最適です。

データに関する考慮事項、例、および解釈については、 箱ひげ図の概要を参照してください。

連続変数

グラフにしたい1つ以上の数値列を入力します。

カテゴリ(分類)変数(オプション)

グループを定義付けするカテゴリデータを最大5列入力します。最初の変数がスケールの一番外側に、最後の変数が一番内側になります。

レイアウト

次のいずれかのレイアウトオプションを選択します。

連続変数ごとに個別のグラフ
連続変数フィールド内の各列に対して個別の箱ひげ図を作成します。
連続変数のオーバーレイ
連続変数フィールド内の列は、単一の箱ひげ図上に重ねて表示されます。

変数による

1つ以上のグループ化変数を変数によるに入力して、グループ化変数の各レベルに対して個別の箱ひげ図を作成します。入力する列は数値または文字列で、連続変数およびカテゴリ(分類)変数の列と同じ長さにする必要があります。複数の箱ひげ図で各変数のyスケールは同じです。
すべての組み合わせを表示

複数の変数によるを入力すると、すべての組み合わせを表示チェックボックスが有効になります。このオプションを選択すると、グループ変数によって作成されたグループの組み合わせごとに、別々の箱ひげ図が作成されます。このオプションを選択しない場合、グループ変数の各グループごとにプロットが作成されます。

たとえば、最初のグループ変数には、男性と女性の2つのグループがあり、2番目のグループ変数には、雇用者と失業者の2つのグループがあります。すべての組み合わせを表示を選択すると、Minitabは男性/雇用者、男性/失業者、女性/雇用者、女性/失業者の組み合わせに対して4つの別々のプロットを作成します。すべての組み合わせを表示を選択しない場合、Minitabは男性、女性、雇用者、失業者に対して4つの別々の箱ひげ図を作成します。

ウィスカーと外れ値

ひげは範囲内のいずれかの側から伸びます。ひげは、外れ値を除き、データ値の下位25%と上位25%の範囲を示します。

ジッタ外れ値
グラフ上に同一のデータ値がある場合は、外れ値の記号が重なって隠れてしまうことがあります。このオプションを選択すると、記号をわずかに動かして、重なっている点を表示できます。

カスタムパーセンタイル

外れ値がよく検出される大規模なデータセットでは、外れ値の代わりにカスタムパーセンタイルを表示して、データに関するより多くの情報を収集できます。カスタムパーセンタイルは四分位数ボックスの外側に発生し、通常は分布の末尾に出現します。また、最小値と最大値には線が配置されます。デフォルトでは、これらのパーセンタイル値は0.5、2.5、10、90、97.5、および99.5ですが、追加、削除、または変更が可能です。

Yスケール

yスケールの表示方法を選択します。

元の単位
数値変数に元の測定単位を使用します。
標準化された単位
異なる測定単位を標準単位に変換して、数値変数を比較できるようにします。
同じYスケール
複数のグラフでYスケールを同じタイプにします。

変数の表示順序

Minitabでは、「一番内側」と「一番外側」という言葉を使用して、グラフに表示されるグループの複数の水準のスケールの相対位置を示します。水平スケールでは、一番外側はグラフの底面のスケールを指し、一番内側は底面から最も離れている(水平軸に最も近い)スケールを指します。垂直スケールでは、一番外側はグラフの一番左のスケールを指し、一番内側は垂直軸に最も近いスケールを指します。

複数のY変数とグループがある場合は、次のオプションのいずれかを選択します。

カテゴリ変数が最初に、Yの下
グラフ変数は一番外側のグループ、カテゴリ変数は一番内側のグループになります。
Yの最初の、以下のカテゴリ変数
グラフ変数は一番内側のグループ、カテゴリ変数は一番外側のグループになります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください