最も濃い色の長方形を探して、どの変数セットが最も高いピアソン相関係数を持つか、どのセットが最も低いか、またはその両方を判断できます。

この例では、最も高いピアソン相関係数は、雇用状況と居住年数の間にあります。この0.95の値は変数間の正の関係を表しています。勤続年数が増加すると、居住年数も増加します。年齢もまた、居住年数および勤続年数と強い正の関係を持っています。

借金と学歴の間のピアソン相関係数は–0.46です。申請者の教育レベルが低下するにつれて、負債が増加します。全体として、ほとんどの変数のペアの間に正の相関関係があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください