3 ビン分割散布図 番目の変数の平均を使用した例

ある大手ジュエリー製品小売業者の研究チームは、カラット、カラー、各種ダイヤモンドの価格の関係を調査したいと考えています。データセットが非常に大きいため、散布図の解釈が困難です。したがって、チームは、グラフを解釈しやすくするために、ビン分割散布図を作成することにしました。

通常、ダイヤモンドの色は文字で表されます。すべての変数は数値でなければならないため、研究者たちはダイヤモンドの色を0~6の数値スケールにコード化します。研究者たちは無色のダイヤモンドに高い数値を与え、明るい黄色のダイヤモンドに低い数字を与えます。

  1. ダイヤモンド.MTWサンプルデータを開きます。
  2. グラフ > ビン分割散布図を選択します。
  3. Y変数価格を入力します。
  4. X変数カラットを入力します。
  5. 変数の平均を選択してボックスにカラーを入力します。
  6. OKをクリックします。

結果を解釈する

Minitabでは、データを長方形のビンにグループ化します。Minitabでは、ダイヤモンドの色に基づいてビンにダークブルーからダークレッドが使用されます。赤の濃い色合いは、カラー変数の高い値に対応します。青の濃い色合いは、カラー変数の低い値に対応します。研究チームは、カラットとカラーが価格にどのように影響するかを決定したいと考えています。カラット数が増加するにつれて、ダイヤモンドの価格が上昇します。しかし、同じ数のカラットを持つダイヤモンドの価格にはまだ大きなばらつきがあります。ダイヤモンドの色は、このバリエーションの一部を説明します。同じカラット数のダイヤモンドの場合、より高い色数はより高い価格に対応します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください