一般完全実施要因計画の検出力とサンプルサイズの計画詳細を指定する

統計 > 検出力とサンプルサイズ > 一般完全実施要因計画 > 計画
モデルに含める項の次数
最高次の交互作用を選択して、モデルの項として含めます。反復が1回の場合は、最大数以外の数を選択して、計算に十分な自由度を持たせます。最高次の指定は保守的ですが、計画を分析する時に高次の交互作用を無視するならば、より低い数を指定することができます。例えば、反復2回の5要因計画に、次数5までの項を含めることができます。1回に2因子間の交互作用しか分析しない場合は、2を選択します。
ブロックをモデルに含める(計画を反復時にブロック)
通常、各反復が別個のブロックになっている場合は、モデルにブロックを含めます。すべての反復を一様な条件で収集可能な場合は、ブロックを除外できます。モデルからブロックを除外して、ブロックの影響をすべて無視することもできます。たとえば、すでに計画が分析済みでブロックの効果が十分大きくなかった場合、またはブロックを無視するときの計算への影響を確認する場合です。ブロックについての詳細は、ブロックとはを参照してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください