相関を使用して、2つの変数間の関係の強さと方向を測定します。ピアソンの積率相関係数とスピアマンの順位相関係数の2つの相関方法から選択できます。ピアソン相関(あるいは、r)は、2つの連続変数の間の線形関係を測定する、最も一般的な方法です。

変数間の関係が線形ではない場合は、スピアマンの順位相関(あるいは、スピアマンのρ)を使用することができます。スピアマン相関係数は、2つの連続変数または順位変数の間の単調関係の強さと方向を測定します。詳細は、ピアソン相関法とスピアマン相関法の比較に進みます。

たとえば、パーティクルボードの製造メーカーの技術者が、パーティクルボードの密度とボードの剛性の間に関連性があるかどうかを判断するとします。その技術者は、ピアソン相関を使用して相関分析を実行し、密度と剛性の間の線形関係の強度および方向を評価します。

この分析の場所

相関分析を実行するには、統計 > 基本統計 > 相関を選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください