におけるモデルの要約の方法と計算式 カート®回帰

使用する方法または計算式を選択します。

重要な予測変数

確かな相対重要度をもつ予測変数の数。

回帰木は、分岐の集合です。各分岐は、木の改善を提供します。各分岐には、木の改善を提供する代理変数も含まれます。木が変数を使用してノードを分岐したり、別の変数に欠損値がある場合にノードを分岐する代理変数としてある変数を使用する場合、すべての改善度によって変数の重要性が与えられます。次の式は、単一のノードでの改善度を示します。

I(t)、pLeft、および pRightの値は、ノードを分割するための基準によって異なります。詳細については、におけるノード分岐方法 カート®回帰を参照してください。

q番目の予測変数の相対重要度の計算式は、最も重要な変数によって重要度のスケールを調整します。

R二乗

R2は、決定係数としても知られています。

二乗平均平方根誤差 (RMSE)

平均平方誤差 (MSE)

平均絶対偏差 (MAD)

平均絶対パーセント誤差 (MAPE)

表記

用語説明
yi i 番目 observed response value
mean response
i 番目 fitted response
Nnumber of records
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください