の対象を最良または最悪のターミナルノードに分類するための基準 カート®回帰

基準を使用して、あるケースをターミナルノードにおく予測変数の値を確認します。

解釈

表の各行には、ターミナルノードの予測変数の値が列挙されます。木でターミナルノードが高いほど、ノードの一覧に含まれる変数は少なくなります。

分析で交差検証を使用するか、検証を行わない場合、行についての適合値は、データセット全体に適合する木に関するものです。テストデータセットを使用する場合、適合値はトレーニングデータのケースからのものです。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください