のデータを入力する カート®分類

統計 > 予測分析 > CART® 分類

データを最も良く表すオプションを選択します。

2値応答

カテゴリー応答データに合格と不合格などの2つのカテゴリーがある場合は、以下のステップを実行します。

  1. ドロップダウンリストから2値応答を選択します。
  2. 応答に、2値応答を含む列を入力します。値は数値またはテキストの場合があります。
  3. 応答事象で、分析で詳述する事象を選択します。 デフォルトでは、2番目の応答水準が応答事象として選択されます。応答事象を変更しても全体的な有意性は影響を受けず、結果をより意味のあるものにすることができます。
  4. 連続予測変数に、応答の変化を説明または予測する可能性がある連続変数を入力します。 連続予測変数には数値を使用する必要があります。
  5. カテゴリ予測変数に、応答の変化を説明または予測する可能性があるカテゴリ変数を入力します。 カテゴリ予測変数には、テキストまたは数値を使用できます。
このワークシートでは、Bought は、消費者が新しいブランドのシリアルを購入したかどうかを示す2値応答です。応答事象は Yesです。Income および Children は連続予測変数です。Store および ViewAd はカテゴリ予測変数です。

ワークシートの最初の行は、消費者が新しいブランドのシリアルを購入したことを示しています。この消費者は、37000ドルの収入があり、店舗Aで購入し、子供が1人いて、シリアルの広告を見ました。

C1-T C2 C3-T C4 C5-T
購入 収入 店舗 子供 広告を見た
はい $37,000 A 1 はい
いいえ $47,000 A 3 いいえ
はい $34,000 A 0 いいえ
はい $58,000 B 0 いいえ

多項応答

カテゴリ応答変数にセダン、トラック、SUVなどのカテゴリが 3 つ以上ある場合は、次の手順を実行します。

  1. ドロップダウンリストから多項応答を選択します。
  2. 応答に、カテゴリ応答を含む列を入力します。値は数値またはテキストの場合があります。
  3. 連続予測変数に、応答の変化を説明または予測する可能性がある連続変数を入力します。 連続予測変数には数値を使用する必要があります。
  4. カテゴリ予測変数に、応答の変化を説明または予測する可能性があるカテゴリ変数を入力します。 カテゴリ予測変数として、テキストまたは数値を使用できます。
このワークシートでは、Target がローン申請者が低リスク、中リスク、高リスクのいずれであるかを示す多項応答です。Income および NumCards は連続予測変数です。Marital はカテゴリ予測変数です。

ワークシートの最初の行は、低リスク申請者の収入が2399 で、3枚のクレジットカードをもち、独身であることを示しています。

C1-T C2 C3 C4-T
目的変数 収入 カード枚数 婚姻状況
2399 3 独身
2915 5 独身
3100 0 既婚
1500 8 既婚
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください