の相対変数重要度グラフ カート®分類

相対変数重要度グラフを使用して、分類木にとって最も重要な変数である予測変数を特定します。

相対変数重要度は、解釈を容易にするために、重要度値が標準化されたものです。相対重要度は、最も重要な予測変数に対するパーセント改善度として定義されます。

重要な変数とは、木で最良の分岐変数または代理変数として使用される変数です。改善度のスコアが最も高い変数が最も重要な変数とされ、他の変数もそれに応じてランク付けされます。相対変数重要度は、解釈を容易にするために、重要度値を標準化したものです。相対重要度は、最も重要な予測変数に対するパーセント改善度として定義されます。

相対重要度は、各変数重要度スコアを変数の最高の重要度スコアで除算し、100%を乗算して計算されます。

解釈

相対変数重要度値の範囲は0%から100%です。最も重要な変数の相対重要度は、常に100%です。ある変数が分類木でまったく使用されない場合、その変数は重要ではありません。

この例では、最も重要な予測変数は、胸痛のタイプです。最上の予測変数である胸痛のタイプの寄与度を100%とすると、次に重要な変数である主な血管は86.5%の寄与度です。これは、選択された分類木で、主な血管が、胸痛のタイプの86.5%重要であることを意味します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください