可変チャートの基本

変動グラフとは

変動性チャートは、因子と応答の関係をグラフィカルに表現したものです。Use a variability chart to present analysis of variance data in a graphical form especially in the preliminary stages of data analysis to view data, possible relationships, and root causes for variation. 可変グラフは、相互作用を理解する上で特に役立ちます。

Minitab draws variability charts for up to eight factors. 管理図には、各因子水準の組み合わせにおける平均が表示されます。

Example of a four-factor variability chart with mean connect lines for factor level means

この例では、因子Aと因子Bにはそれぞれ4つのレベルがあり、因子Cと因子Dには2つのレベルがあります。

平均測定値を示す管理図では、因子水準の組み合わせが縦線で区切られています。各セルに、因子水準の組み合わせのデータポイントと平均値が表示されます。例えば、最初のセルには、A=1、B=1、C=1、D=1、2の因子水準の組み合わせのデータポイントと平均値が示されています。

この変動性グラフには、因子 A、B、および C の因子水準平均線が含まれます。
  • 最初の8つのセルに伸びる横線には、A=1のときの因子Aの平均が示されています。
  • 最初の2つのセルに伸びる横線には、B=1のときの因子Bの平均が示されています。
  • 最初のセルに伸びる横線には、C=1のときの因子Cの平均が示されています。

標準偏差管理図には、各因子水準の組み合わせの標準偏差が示されています。この例の標準偏差は、比較的一貫して変化しているように見えます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください