あるエンジニアが、3種類の金属を対象とし、焼結時間が圧縮強度に及ぼす効果を評価したいと考えています。エンジニアは、各金属タイプのサンプルを3つ取り、焼結時間をそれぞれ100分、150分、および200分に設定して圧縮強度を測定します。

エンジニアは、変動性チャートを作成して、データの可能な傾向と相互作用を探します。

  1. 標本データを開く、 焼結時間.MTW.
  2. 統計 > 品質ツール > 変動図を選択します。
  3. 応答強度を入力します。
  4. 因子(1~8、一番外側が最初)金属タイプ焼結時間を入力します。
  5. 標準偏差管理図を選択します。
  6. OKをクリックします。

結果を解釈する

最初の管理図は、強度測定値と、MetalTypeおよびSinterTimeの2つの要因の組み合わせで形成される各セルの範囲を示す変動管理図のある、平均応答です。2つ目の管理図には、2因子の組み合わせの標準偏差が示されています。

金属の種類それぞれで焼結時間が異なると強度も異なります。差は、交互作用の可能性を示しています。

変動チャートは、金属の種類と焼結時間の長さとの相互作用の可能性を示しています。金属タイプ1の最大圧縮強度は、100分間の焼結、金属タイプ2の150分間の焼結、および金属タイプ3の200分間の焼結によって得られます。また、標準偏差チャートは、焼結時間100と150の標準偏差が比較的一定であることを示していますが、焼結時間200でさらに変化します。

この交互作用を定量化し、統計的に有意かどうかを判断するため、エンジニアはANOVA(分散分析)または一般線形モデルによってこのデータをさらに分析できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください