多変量管理図のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

応答は数値でなければならない
異なる因子水準で平均応答を計算するため、多変量管理図には数値応答データが必要です。
最大8つの因子を持つことができます。
最大8つの数値、テキスト、日付 時刻の因子を持つことができます。各因子は少なくとも2つの水準を必要とします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください