個別の分布の識別の分析のオプションを選択する

統計 > 品質ツール > 個別の分布の識別 > オプション
グラフウィンドウごとに1つの確率プロットを表示
グラフあたり1つの確率プロットを表示するように選択します。Minitabには、デフォルトで、グラフあたり4つの確率プロットが表示されます。
確率プロットに信頼区間を表示しない
信頼区間を含めずに確率プロットを表示するように選択します。
信頼水準
0~100の信頼水準を入力します。通常、95%の信頼水準が適切です。95%の信頼水準は、工程から100個のランダムサンプルを抽出する場合に、およそ95個のサンプルによって、その工程の百分位数の実際の値が含まれる信頼区間が算出されると期待できることを意味します(すべての工程データを収集して分析できた場合)。
与えられたデータセットにおいて、信頼水準の値を低くすると信頼区間が狭くなり、信頼水準を高くすると信頼区間が広くなります。区間の幅は、標本の大きさが大きくなると減少する傾向もあります。したがって、サンプルサイズによっては、以下に示すように95%以外の信頼水準を使用することもできます。
  • サンプルサイズが小さい場合、95%信頼区間は広すぎて役に立たないことがあります。90%などの低い信頼水準を使用すると、区間が狭くなります。ただし、工程の実際の百分位数の値が区間に含まれる尤度は低くなります。
  • サンプルサイズが大きい場合、たとえば99%といった高い信頼水準を使用することを検討したくなるかもしれません。サンプルが大きい場合、99%の信頼水準は、工程の実際の百分位数の値が含まれる尤度を増加させながら、妥当な狭さの区間を作ります。

Yスケールタイプ、グラフの方向、およびファイル > オプション > 個別グラフ > 確率プロットを使用してプロット点を計算する方法を指定できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください