個別の分布の識別のデータに関する考慮事項

有効な結果が確実に得られるようにするため、データの収集、分析の実行、および結果の解釈時には、次のガイドラインを考慮してください。

データは連続量である
連続データは、小数値や10進数値を含め、潜在的に連続スケールでの一定範囲内の任意の数値をとる測定値です。一般的な例としては、長さ、重量、および温度などの測定値があります。
サンプルデータはランダムに収集される必要がある
統計では、ランダムサンプルを使用して母集団についての一般化、つまり推測を行います。データがランダムに収集されなかった場合、結果は母集団を表さない可能性があります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください