多重変数の正規工程能力分析のパラメータの経験値の指定

統計 > 品質ツール > 工程能力分析 > 多重変数(正規) > 履歴

工程能力を評価するために母集団パラメータの経験値を使用することを選択できます。パラメータの経験値は、過去のデータからの推定値に基づいて指定できます。

パラメーターごとに、1つの値、複数の値、列を入力できます。1つの値を指定した場合、すべての変数またはグループに適用されます。複数の値、または1列の値を入力する場合、それらの値は変数で入力した列、またはグループ変数列のグループに順番に対応します。

Historical means
各変数の母集団分布の平均を指定します。
標準偏差の経験値
サブグループ内
各変数の母集団分布のサブグループ内標準偏差を指定します。
サブグループ間
各変数の母集団分布のサブグループ間標準偏差を指定します。

パラメータの経験値を入力しない場合、サンプルデータから平均や標準偏差が推定され、それらの推定値が工程能力の計算に使用されます。

サンプルデータから標準偏差を推定する方法を指定するには、推定をクリックします。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください