多重変数の非正規工程能力分析の期待される全体性能

多重変数の非正規工程能力分析で使用されるすべての期待される全体性能測度の定義と解釈について解説します。

期待される全体性能のPPM < LSL

期待される全体性能のPPM < LSLは、測定値が下側規格限界(LSL)より小さい部品の100万個あたりの期待される個数(PPM)です。期待される全体性能のPPM > LSLは、選択した非正規分布から無作為に抽出した部品の測定値がLSLより小さくなる確率の100万倍です。
無作為に抽出された部品がLSLより小さくなる確率は、分布曲線の下の陰影領域によって表されます。

解釈

工程の全体変動に基づいて下側規格限界より下になると期待される不適合品の数(100万個あたりの部品数(PPM)で表現)を推定するには、期待される全体性能のPPM < LSLを使用します。全体性能の値は、時間の経過とともに顧客が経験する実際の工程性能を示します。

PPM < LSLの値が低い場合は、下側規格限界と比較した場合の工程能力が高いことを示します。理想的なのは、測定値が下側規格限界より下になる部品がほとんどまたはまったくない状態です。

期待される全体性能のPPM > USL

期待される全体性能のPPM > USLは、測定値が上側規格限界(USL)より大きい部品の100万個あたりの期待される個数(PPM)です。期待される全体性能のPPM > USLは、選択した非正規分布から無作為に抽出した部品の測定値がLSLより大きくなる確率の100万倍です。
無作為に抽出された部品がUSLより大きくなる確率は、分布曲線の下の陰影領域によって表されます。

解釈

工程の全体変動に基づいて上側規格限界より上になると期待される不適合品の数(100万個あたりの部品数(PPM)で表現)を推定するには、期待される全体性能のPPM > USLを使用します。全体性能の値は、時間の経過とともに顧客が経験する実際の工程性能を示します。

PPM > USLの値が低い場合は、上側規格限界と比較した場合の工程能力が高いことを示します。理想的なのは、測定値が上側規格限界より上になる部品がほとんどまたはまったくない状態です。

期待される全体性能のPPM合計

期待される全体性能のPPM合計は、測定値が規格限界外にある部品の100万個あたりの期待数です。期待される全体性能のPPM合計は、選択した非正規分布から無作為に抽出した部品の測定値が規格限界外になる確率の100万倍です。
無作為に抽出された部品が規格限界外にある確率は、分布曲線の下の陰影領域によって表されます。

解釈

工程の全体変動に基づいて規格限界外になると期待される不適合品の数(100万個あたりの部品数(PPM)で表現)を推定するには、期待される全体性能のPPM合計を使用します。全体性能の値は、時間の経過とともに顧客が経験する実際の工程性能を示します。

PPM合計の値が低いほど工程能力が高いことを示します。理想的なのは、規格限界外の測定値がほとんど、またはまったくなくなることです。

また、PPMを使用して、工程での適合部品と非適合部品の割合を推定することもできます。
PPM %非適合部品 %適合
66807 6.6807% 93.3193%
6210 0.621% 99.379%
233 0.0233% 99.9767%
3.4 0.00034% 99.99966%

期待される全体性能の% < LSL

期待される全体性能の% < LSLは、測定値が下側規格限界(LSL)より小さい部品の期待されるパーセント値です。期待される全体性能の% < LSLは、選択した非正規分布から無作為に抽出した部品の測定値がLSLより小さくなる確率です。無作為に抽出された部品がLSLより小さくなる確率は、分布曲線の下の陰影領域によって表されます。

解釈

工程の全体変動に基づいて下側規格限界より下になると期待される不適合品のパーセントを推定するには、期待される全体性能の% < LSLを使用します。全体性能の値は、時間の経過とともに顧客が経験する実際の工程性能を示します。

% < LSLの値が低い場合は、下側規格限界と比較した場合の工程能力が高いことを示します。理想的なのは、測定値が下側規格限界より下になる部品がほとんどまたはまったくない状態です。

期待される全体性能の% > USL

期待される全体性能の% > USLは、観測値が上側規格限界(USL)より大きい部品の期待パーセント値です。期待されるサブグループ内性能の% > USLは、選択した非正規分布から無作為に抽出した部品の測定値がUSLより大きくなる確率です。
無作為に抽出された部品がUSLより大きくなる確率は、分布曲線の下の陰影領域によって表されます。

解釈

工程の全体変動に基づいて上側規格限界より上になると期待される不適合品のパーセントを推定するには、期待される全体性能の% < USLを使用します。全体性能の値は、時間の経過とともに顧客が経験する実際の工程性能を示します。

% > USLの値が低い場合は、上側規格限界と比較した場合の工程能力が高いことを示します。理想的なのは、測定値が上側規格限界より上になる部品がほとんどまたはまったくない状態です。

期待される全体性能の%合計

期待される全体性能の%合計は、観測値が規格限界外になる部品の期待パーセント値です。期待される全体性能の%合計は、選択した非正規分布から無作為に抽出した部品の測定値が規格限界外になる確率です。
無作為に抽出された部品が規格限界外にある確率は、分布曲線の下の陰影領域によって表されます。

解釈

工程の全体変動に基づいて規格限界外になると期待される不適合品のパーセントを推定するには、期待される全体性能の%合計を使用します。全体性能の値は、時間の経過とともに顧客が経験する実際の工程性能を示します。

%合計の値が低い場合は、工程能力が高いことを示します。理想的なのは、測定値が規格限界から外れている部品がほとんどまたはまったくない状態です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください