2サンプル平均の無作為化テストの例

ある医療コンサルタントが2つの病院の患者満足度評価を比較しようとしています。2標本平均の無作為化検定を行って、病院の患者満足度に差があるかを判定してみます。

  1. 標本データを開く、 病院比較.MTW.
  2. 2標本平均の無作為化検定 > 再抽出 > 計算を選択します。
  3. 標本で、評価と入力します。
  4. 標本IDで、病院と入力します。
  5. オプションをクリックします。乱数ジェネレータの初期値1を入力します。

    乱数ジェネレータの初期値を使用して、結果が例と一致することを確認します。

  6. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

帰無仮説では、病院の患者満足度の差が0に等しいです。p値が0.002で有意水準の0.05より小さいため、医療コンサルタントは帰無仮説を棄却し、病院の患者満足度の差は0に等しくないと結論付けます。ヒストグラムでは、ブートストラップ分布が正規分布に見えるため、医療コンサルタントは結果を信じることができます。

観測平均値の差は21で、病院Aの患者満足度は病院Bよりも高いことを示しています。

Randomization Test for Difference in Means: Rating by Hospital

Randomization Test Histogram for Rating by Hospital

Method μ₁: mean of Rating when Hospital = A µ₂: mean of Rating when Hospital = B Difference: μ₁ - µ₂
Observed Samples Hospital N Mean StDev Variance Minimum Median Maximum A 20 80.30 8.18 66.96 62.00 79.00 98.00 B 20 59.30 12.43 154.54 35.00 58.50 89.00
Difference in Observed Means Mean of A - Mean of B = 21.000
Randomization Test Null hypothesis H₀: μ₁ - µ₂ = 0 Alternative hypothesis H₁: μ₁ - µ₂ ≠ 0
Number of Resamples Average StDev P-Value 1000 -0.185 4.728 < 0.002
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください