1サンプル比率のブートストラッピングの方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

観測標本の比率

選択された統計量が比率である場合、Minitabでは観測標本の比率が表示されます。

計算式

表記

用語説明
x 元標本に含まれる事象数
N 元標本に含まれる試行回数

平均

計算式

Minitabでは、データの元の列から再標本は採られません。その代わりに、二項分布から無作為に再標本が抽出されます。分布のパラメータは、元の標本から採られます。

表記

用語説明
i番目の再標本の比率
B 再標本数
N 元標本に含まれる試行回数

p値

計算式

p値の計算は、対立仮説によって変わります。
  • 比率 < 仮説値:
  • 平均値 ≠ 仮説値:
  • 比率 > 仮説値:

場合によっては、両側検定でp値が計算できずに、片側検定が実施されることがあります。詳細は、両側検定の代わりに片側検定がでてくるのですがをご覧ください。

表記

用語説明
l標本比率以下またはこれに等しいブートストラップ比率数
u標本比率以上またはこれに等しいブートストラップ比率数
β再標本数
nlρ0d以下またはこれに等しいブートストラップ比率数
nuρ0 + d以上またはこれに等しいブートストラップ比率数
ρ0仮説値
d
観測標本の比率
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください