適合ポアソンモデルの概要

適合ポアソンモデルを使用して、1組の予測変数と有限な観測空間で事象が発生した回数を表す応答の関係を理解します。ポワソン応答により、項目で検出された欠陥数などの事象が数えられます。 交互作用項や多項式項を含めたり、ステップワイズ回帰を使用したり、異なるリンク関数を適合したりできます。

たとえば、回路基板メーカーは、回路基板の溶接不良数をモデル化しようとします。

分析を実行後、次の分析を実行できるように、Minitabはモデルを保存します。
  • 新しい観測値の応答を予測します。
  • 変数の関係をプロットします。
  • 1つ以上の応答を最適化する適合値を見つけます。
詳細は保存モデルの概要を参照してください。

この分析の場所

ポアソン回帰モデルを適合するには統計 > 回帰 > ポアソン回帰 > ポアソンモデルの適合を選択します。

他の分析を使用する場合

  • 応答変数に、合格と不合格などの、2つのカテゴリが含まれている場合は、2値ロジスティックモデルを適合を使用します。
  • 応答変数に、まったくそう思わない、そう思わない、どちらともいえない、そう思う、とてもそう思うなど、自然な順序のカテゴリが3つ以上含まれている場合は、順位ロジスティック回帰を使用します。
  • 応答変数に、キズ、打痕、摩耗など、自然な順序ではないカテゴリが3つ以上含まれている場合は、名義ロジスティック回帰を使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください