決定的スクリーニング計画の2値応答を分析の効果プロットの方法と計算式

正規確率プロット

誤差項に1つ以上の自由度がある場合、Minitabでは正規スコア、確率、パーセント値対標準化効果がプロットされます。線は、1の標準偏差の正規分布に対応しています。αより小さいp値を持つ効果は、グラフ上で有意として示されます。Minitabではこのグラフは、標準化効果の正規プロットと呼ばれます。

半正規プロット

Minitabでは正規スコア、確率、パーセント値対標準化効果がプロットされます。線は、1の標準偏差の正規分布に対応しています。αより小さいp値を持つ効果は、グラフ上で有意として示されます。Minitabではこのグラフは、標準化効果の半正規プロットと呼ばれます。

パレート図

パレート図の赤線は、Zが標準正規分布の(1 – α / 2)百分位である場合に、Zに引かれます。このグラフはMinitabでは標準化効果のパレート図と呼ばれます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください