応答情報

Minitabでは、応答に関して次の情報が表示されます。
変数
応答の事象数を含む列名と試行回数を含む列名。
事象数には、事象と非事象の2水準があります。試行回数には、合計となる1水準があります。
度数
事象、非事象、合計の観測値の数。
事象名
応答のどの水準が参照事象かを識別します。デフォルトでは、「事象」が使われます。

解釈

応答情報を使用して、分析内にあるデータ量を調べます。各水準の出現数を多く持つランダムサンプルが大きくなるほど、通常、母集団の推定は正確になります。

また、応答情報を使用して、どの事象が参照事象かを判断します。係数などの統計量とオッズ比の解釈は、どの事象が参照事象かによって変わります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください