応答曲面計画の2値応答を分析の概要

応答曲面計画の2値応答を分析を使用して、データの曲面性をモデル化し、2値応答を最適化する因子設定を特定します。通常、要因計画または一部実施要因計画の実験を実行し、プロセスにおける最も重要な因子を特定した後で、応答曲面計画を使用します。詳細は、応答曲面計画、中心複合計画、ボックスーベンケン(Box-Behnken)計画とはを参照してください。

データを分析する前に、応答曲面計画(中心複合)の作成応答曲面計画(ボックスーベンケン)の作成、またはカスタム応答曲面計画の定義を使用して、計画を入力または定義する必要があります。ワークシートに応答データを含める必要もあります。応答データはワークシートで2つの列にまとめます。対称となる成功数または事象数を含む列と、試行回数を含む列です。

たとえば、技師が射出成形工程のプラスチック部品の定性的属性を分析するとします。一部実施因子計画を実行し、重要な因子(温度、圧力、冷却率)を特定した後、応答曲面計画を使用し、データの曲面性を分析して、最適な因子設計を見つけます。

計画の分析後、以下の操作ができるよう、Minitabはモデルを保存します。
  • 異なる因子設定で応答を予測します。
  • 因子と応答の関係をプロットします。
  • 1つ以上の応答を最適化する設定を見つけます。

この分析の場所

統計 > DOE > 応答曲面 > 2値応答曲面計画を分析

他の分析を使用する場合

連続応答変数が1つある場合は、応答曲面計画を分析を使用します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください