応答曲面計画の2値応答を分析の例

クリーンルームの技師が、いかに封止時間、温度、圧力が封止トレイの封止の質に影響するかを判断するため、応答曲面計画を分析します。800枚のトレイシールのサンプルでは、シールの傷の有無にかかわらず、応答は2値です。

技師は、データを収集して計画を分析し、シールの強度に影響を与える因子を判断します。

  1. 標本データを開く、 トレイの密封.MTW.
  2. 統計 > DOE > 応答曲面 > 2値応答曲面計画を分析を選択します。
  3. 事象名(V)で、事象を入力します。
  4. 事象数密封済みを入力します。
  5. 試行回数サンプルを入力します。
  6. をクリックします。
  7. 次の項を含むで、完全2次を選択します。
  8. OKをクリックします。
  9. グラフをクリックします。
  10. 残差プロットで、一覧表示を選択します。
  11. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

分散分析表では、温度、圧力、温度 x 温度のp値が有意です。技師は、モデルを縮約して、有意ではない項を削除することを、検討できます。詳細は、モデルの縮約化を参照してください。

逸脱R2値は、モデルが応答における総逸脱の97.47%を説明していることを示しており、モデルが良好にデータに適合することを示しています。

効果のパレート図を使用すると、重要な効果を視覚的に識別して、さまざまな効果の相対的重要度を比較することができます。また、温度*温度(BB)は最も長く伸びているため、これが最大の効果を持つこともわかります。

応答曲面2値ロジスティック回帰: 密封済み 対 時間, 温度, 圧力

方法 リンク関数 Logit 使用中の行 15
応答情報 変数 値 計数 事象名 密封済み 事象 9637 Event 非事象 2363 サンプル 合計 12000
コード化係数 項 係数 係数の標準誤差 VIF 定数 3.021 0.384 時間 0.210 0.139 18.53 温度 0.641 0.159 19.53 圧力 0.420 0.211 70.48 時間*時間 -0.0735 0.0482 1.01 温度*温度 0.2988 0.0517 1.17 圧力*圧力 -0.0022 0.0277 70.24 時間*温度 -0.0092 0.0505 1.14 時間*圧力 0.0417 0.0342 18.12 温度*圧力 -0.0521 0.0396 19.24
連続予測変数のオッズ比 95%信 変更ユニット オッズ比 頼区間 時間 1.0 * (*, *) 温度 25.0 * (*, *) 圧力 7.5 * (*, *) 交互作用項に含まれる予測変数のオッズ比は、交互作用項の他の予測変数の値に依存するため、計算されません。
モデル要約 逸脱 逸脱 (deviance) (deviance) AICc(修正済み BIC(ベイズ R二乗 R二乗 (調整済み) AIC 赤池情報量基準) 情報量基準) 97.47% 96.50% 140.64 195.64 147.72
適合度検定 検定 自由度 カイ二乗 p値 逸脱 (deviance) 5 23.40 0.000 ピアソン 5 23.88 0.000 Hosmer-Lemeshow 5 7.47 0.188
分散分析 要因 自由度 調整偏差 調整平均 カイ二乗 p値 モデル 9 903.478 100.386 903.48 0.000 時間 1 2.303 2.303 2.30 0.129 温度 1 16.388 16.388 16.39 0.000 圧力 1 3.966 3.966 3.97 0.046 時間*時間 1 2.331 2.331 2.33 0.127 温度*温度 1 34.012 34.012 34.01 0.000 圧力*圧力 1 0.006 0.006 0.01 0.937 時間*温度 1 0.033 0.033 0.03 0.856 時間*圧力 1 1.490 1.490 1.49 0.222 温度*圧力 1 1.731 1.731 1.73 0.188 誤差 5 23.404 4.681 合計 14 926.882
非コード化単位の回帰式 P(Event) = exp(Y')/(1 + exp(Y')) Y' = 17.77 + 0.348 時間 - 0.1918 温度 + 0.1146 圧力 - 0.0735 時間*時間 + 0.000478 温度*温度 - 0.000039 圧力*圧力 - 0.00037 時間*温度 + 0.00556 時間*圧力 - 0.000278 温度*圧力
異常な観測値の適合値と診断 観測値 観測された確率 適合値 残差 標準化残差 1 0.7113 0.6856 1.5722 4.45 R 3 0.9025 0.8879 1.3370 2.50 R 7 0.9675 0.9565 1.5927 2.17 R 8 0.6737 0.6884 -0.8891 -2.44 R 10 0.5550 0.5660 -0.6265 -2.07 R 11 0.9025 0.9281 -2.6700 -4.20 R 12 0.8413 0.8633 -1.7806 -3.54 R 15 0.7113 0.6892 1.3592 3.64 R R 大きな残差
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください