要因計画の2値応答の分析で表示する結果を選択する

統計 > DOE > 要因計画 > 2値応答曲面計画を分析 > 結果
結果のオプションを指定する。
結果の表示
  • 単体表:すべての表の簡易版を表示します。
  • 拡張表:分散分析表、係数表、モデル要約表、適合値と診断表の拡大版を表示します。
方法
デフォルト以外の設定内容を要約した表を表示します。
応答情報
応答変数の事象数と非事象数を表示します。
反復情報
パラメータの各反復の逸脱を表示します。
分散分析
分散分析表を表示します。
モデル要約
逸脱度R2、赤池情報量基準(AIC)、補正赤池情報量基準(AICc)、ベイズ情報量規準(BIC)など、モデルの適合度を評価する統計量を表示します。
係数
係数、係数の標準誤差、VIFを表示します。拡大版の表には、信頼区間とワルドの正規近似を使う検定の結果が追加されます。モデルにカテゴリ予測変数が含まれる場合、ドロップダウンから表に含めるカテゴリ予測変数の係数の数を制御できるようになります。
  • デフォルト係数:カテゴリ予測変数のすべての一次独立係数を表示します。
  • 係数のフルセット:カテゴリ予測変数のすべての水準(最終、一次従属、水準など)について係数を表示します。
オッズ比
各連続予測変数とカテゴリ予測変数の各水準のオッズ比を表示します。出力には交互作用項に含まれる予測変数のオッズ比は表示されません。
2値ロジスティック回帰式
回帰式を表示します。モデルにカテゴリ予測変数が含まれる場合、ドロップダウンから表示させる式の数を制御できるようになります。
適合度検定
ピアソン、逸脱、ホスマー-レメショウ適合度検定を表示します。
Hosmer-Lemeshow検定の度数
ホスマー-レメショウ検定への適合を判定する観測度数および期待度数を表示します。
関連性の測度
一致するペア、一致しないペア、同順位のペアと、ソマーズD、グッドマン-クラスカルγ、ケンドルのτaを含む要約測度を表示します。
別名構造
別名表を表示します。
  • デフォルトの交互作用を表示:2~6因子を持つ計画のすべての交互作用、7~10因子を持つ計画の3元交互作用まで、11因子以上を持つ計画の二元交互作用までを表示します。
  • 交互作用の次数の指定を表示:別名表に表示する最高次の交互作用を指定し、ドロップダウンリストから順序を選択します。
    注意

    デフォルトより大きい値を指定した場合、結果の計算に多少時間を要する場合があります。

適合値と診断
  • 異常な観測値に対してのみ:異常な観測値のみに対する適合値、残差、診断統計量を表示します。
  • すべての観測値に対する:全観測値の適合値、残差、診断統計量を表示します。
平均
オプションサブダイアログボックスで指定した平均を表示します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください