混合効果モデルを適合における適合度を求める方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

S

σの推定値は、モデルの誤差項の推定標準偏差です。s2は誤差の分散成分ですので注意してください。

R二乗

R2は、決定係数とも言います。

計算式

表記

用語説明
観測された応答値
平均応答
i番目の条件付き適合応答値

R二乗(調整済み)

調整済みR2値に負値が算出される場合がありますが、Minitabでは0を表示します。

表記

用語説明
n観測値数
pパラメータ数

AICc(補正赤池情報量基準)

AICcは次の場合には計算されません。.

表記

用語説明
kkの定義は推定法によって変わります。
  • 制限付き最大尤度:m
  • 最大尤度: p + m
m分散成分の数(誤差項を含む)
p固定効果項の係数の数
npnp定義は推定法によって変わります。
  • 制限付き最大尤度: np
  • 最大尤度: n
n欠損データを含まない行の数

BIC(ベイズ情報量基準)

表記

用語説明
kkの定義は推定法によって変わります。
  • 制限付き最大尤度:m
  • 最大尤度: p + m
m分散成分の数(誤差項を含む)
p固定効果項の係数の数
npnp定義は推定法によって変わります。
  • 制限付き最大尤度: np
  • 最大尤度: n
n欠損データを含まない行の数
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください